八幡山城(近江八幡城)_滋賀県近江八幡市

近江八幡城

八幡山城

別名:八幡城、近江八幡城
城郭構造:放射状式連郭山城と居館
天守構造:不明(天守台あり:現存せず)
築城主:豊臣秀吉、豊臣秀次
築城年:1585年(天正13年)
主な改修者:京極高次
主な城主:羽柴秀次、京極高次
廃城年:1595年(文禄4年)
遺構:曲輪、石垣、空堀、犬走り、居館、
指定文化財:なし
再建造物:なし

豊臣秀吉が安土城に変わる近江の拠点として普請。ただし、安土山と違い山が急な斜面で条件としてはよくなかった?
本能寺変の後、安土から街ごと移転したといわれております。
18歳の豊臣秀次が入城して城下町として発展
秀次事件の後は、京極氏が入城したが、京極氏が大津城に移り、八幡山城は廃城に。
その後は、城下町から商人の町へ変貌・発展しました。
近江商人の発祥の地